アクション

エクスポート時ファイル名: actions-YYYYMMDDhhmmss.csv (YYYYMMDDhhmmss はエクスポート日時)

フィールド名インポートに使用内容
$delete削除指定フィールド
$keyアクションのキー
displayName表示名
1 〜30 文字の Unicode Graphic Character
kind種別 (email, webhook, pigeon, webhookOnPremises)
webhookOnPremises の利用には適切なクォータが必要 (詳細は欄外の注意書き参照)
email.$senderSettingKeykind = email の時のみ有効
Emailアクション送信元のキー。空ならばデフォルトの送信元が使われる
email.tokind = email の時のみ有効
To の JSON。アクション API の対応する項目のフォーマット
email.cckind = email の時のみ有効
Cc の JSON。アクション API の対応する項目のフォーマット
email.bcckind = email の時のみ有効
Bcc の JSON。アクション API の対応する項目のフォーマット
email.subjectkind = email の時のみ有効
件名
特に制限なしの文字列
email.textkind = email の時のみ有効
本文
特に制限なしの文字列
pigeon.callflowIdkind = pigeon の時のみ有効
コールフローID (UUID)
対応するキーがないため ID をそのまま指定する。また、本項目については存在チェックを行わない
pigeon.guidanceIdkind = pigeon の時のみ有効
ガイダンスID (UUID)
対応するキーがないため ID をそのまま指定する。また、本項目については存在チェックを行わない
webhook.urlkind = webhook または webhookOnPremises の時のみ有効
Webhook の URL
webhook.methodkind = webhook または webhookOnPremises の時のみ有効
メソッド (GET, POST, HEAD, PUT, PATCH, DELETE)
webhook.bodykind = webhook または webhookOnPremises の時のみ有効
body
webhook.headerskind = webhook または webhookOnPremises の時のみ有効
付与するヘッダの JSON。アクション API の対応する項目のフォーマット
remarks備考
0 〜256 文字の Unicode Graphic Character
createdAt作成日時(UTC)
updatedAt変更日時(UTC)
  • kind は変更できないフィールドであり、既存項目と異なる指定がされた場合はエラーとなります
  • kind = webhookOnPremises は一般のプランでは利用できず、指定した場合はエラーとなります