Emailアクション送信元設定

エクスポート時ファイル名: email-action-sender-settings-*YYYYMMDDhhmmss.*csv (YYYYMMDDhhmmss はエクスポート日時)

フィールド名インポートに使用内容
$delete削除指定フィールド
$keyEmailアクション送信元設定のキー
from.name送信元ユーザー名
0〜255 文字
from.email送信元メールアドレス
255 文字以内
methodメール送信方法 (sendgrid または smtp)
sendgrid.apiKeymethod = sendgrid の時のみ有効
SendGrid の API key
特に制限なしの文字列。表外の注意書きも参照
smtp.servermethod = smtp の時のみ有効
SMTP サーバーのホスト名または IP アドレス (インポート時、厳密な書式チェックは行わず、空文字列でなければ OK とする)
smtp.portmethod = smtp の時のみ有効
SMTP サーバーのポート番号
1〜65535 の整数
smtp.transportmethod = smtp の時のみ有効
SMTP 通信時の暗号化方式 (plain, tls, starttls)
smtp.authmethod = smtp の時のみ有効
ユーザー認証方式 (none, plain, cram-md5)
smtp.usermethod = smtp の時のみ有効
認証に用いるユーザー名
1文字以上の文字列。表外の注意書きも参照
smtp.passwordmethod = smtp の時のみ有効
認証パスワード
特に制限なしの文字列。表外の注意書きも参照
createdAt作成日時(UTC)
updatedAt変更日時(UTC)
  • sendgrid.*, smtp.* は、指定された method に対応するもののみ参照され、値の検証の対象になります
  • sendgrid.apiKey, smtp.password はエクスポート時に空で出力されます
    • 空のままインポートして更新した場合、API キーやパスワードの更新は行われません
    • 新規作成の場合や、 methodsmtp.auth を変更したことにより新たに必要になった場合は空のままインポートすることはできません
  • smtp.user, smtp.passwordsmtp.authplain または cram-md5 の場合には必須となり、none の場合には無視されます