静観スケジュール

エクスポート時ファイル名: mute-schedules-YYYYMMDDhhmmss.csv (YYYYMMDDhhmmss はエクスポート日時)

フィールド名インポートに使用内容
$delete削除指定フィールド
$key静観スケジュールのキー
$scopeKey所属するスコープのキー
displayName静観スケジュールの表示名
1〜30 文字の Unicode Graphic Character
scopeDisplayNameスコープの表示名
参考用のフィールドであり、インポート時は無視される
beginAt開始日時(UTC)
RFC-3339 形式
endAt終了日時(UTC)
rrule繰り返し設定
RFC-5545 の RRULE 形式、または空
空ならば繰り返しなしの一度きりの設定
createdAt作成日時(UTC)
updatedAt変更日時(UTC)
  • $key$scopeKey の組み合わせで項目が特定されます
  • $scopeKey が異なっていれば $key の値を重複させることができます
  • 既存と異なる $key$scopeKey の組み合わせがあった場合、$scopeKey が存在する場合は新規の静観スケジュールとして登録され、$scopeKey が存在しない場合はエラーとなります
  • 既存の項目で変更可能なフィールドは displayName のみとなります。beginAt, endAt, rrule は無視され、アップロード時の検証も行われません
  • beginAtendAt の制約事項は以下の通りです
    • beginAtendAt より過去の時刻でなければならない
    • beginAtendAt に指定されたタイムゾーンは同一でなければならない
    • rrule が空の場合、 endAt がアップロード時およびインポート時より過去の時刻を指していてはならない