一括操作におけるキー

一括操作では、エクスポート、インポートの処理を行う際に、処理対象の設定項目を特定するための情報として「キー」を設けています。
AlertHub の設定は項目を特定するために内部で項目ごとに ID を識別子として持っていますが、一括操作では CSV ファイル上での取り扱いを容易にするために ID の代替として正の整数で表現された「キー」を設けています。

エクスポートを行うとキーが自動で付与され以下の様にファイル出力されます。
一度付与されたキーは変更されません。

スコープの出力ファイル例 image.png