トリガー

エクスポート時ファイル名: triggers-YYYYMMDDhhmmss.csv (YYYYMMDDhhmmss はエクスポート日時)

フィールド名インポートに使用内容
$delete削除指定フィールド
disabledtrue: トリガー無効
false: トリガー有効
この項目は大文字小文字を無視する
$keyトリガーのキー
$scopeKey所属するスコープのキー
displayNameトリガーの表示名
1〜30 文字の Unicode Graphic Character
scopeDisplayNameスコープの表示名
参考用のフィールドであり、インポート時は無視される
when.conditions実行条件の JSON
一件もなければ空配列 ([]) を指定する
relatedMessages.enabledtrue: 関連メッセージ機能有効
false: 関連メッセージ機能無効
省略は不可
機能を使わないのであれば false を指定する
この項目は大文字小文字を無視する
relatedMessages.filters関連メッセージフィルターの JSON
省略は不可
指定すべきフィルタがない場合は空配列 ([]) を指定する
flow.stepsパラメーター加工フローの JSON
一件もなければ空配列 ([]) を指定する
$actionKey実行するアクションのキー
remarks備考
0〜256 文字の Unicode Graphic Character
createdAt作成日時
updatedAt変更日時
  • $key$scopeKey の組み合わせで項目が特定されます
  • $scopeKey が異なっていれば $key の値を重複させることができます
  • 既存と異なる $key$scopeKey の組み合わせがあった場合、$scopeKey が存在する場合は新規のトリガーとして登録され、$scopeKey が存在しない場合はエラーとなります